[高速道途中下車でも同料金] 2017年度にETC2.0搭載車に適用

by GO RIDE
以下抜粋
国土交通省は、高速道路の外にある道の駅を利用するため、インターチェンジ(IC)を“途中下車”し、乗り直しても料金が割高にならない新制度を2017年度にも導入する。次世代型の自動料金収受システム「ETC2.0」の搭載車限定で、サービスエリア(SA)が未整備の区間にある道の駅での実施を想定している。
 ドライバーの疲労回復に加え、地元の特産品などを販売している道の駅の利用者増加により、地域活性化の効果も期待される。国交省は16年度中に実験を実施する。対象となる道の駅はこれから決める。
 高速道のSAは、旧日本道路公団の基準では50キロ程度の間隔で設置すると定められているが、規定通りにSAが整備されていない路線もある。
これはありがたいですね〜。 御殿場のアウトレットとかかなり行きやすくなるのではないでしょうか? これまではちょっと渋滞してるから 足柄SAの温泉入ってたり 足柄サービスエリアの温泉 時之栖 640円で一休み してたところ、これからは料金かわらないからちょっと御殿場のアウトレット行くか とかもできるようになったらいいですね〜。 これ以外にもちょい寄りしたかった静岡の鰻のお店とかも、より行きやすくなっちゃいますね。
確かに長距離走るドライバーさんには強い味方でしょうし、休憩取りやすくなることで事故も減るのではないでしょうか? ETC2.0といわず 全てのETCに早く適用してもらいたいものですね。

EC構築から広告運用までワンストップで提供。

WHITEPAPER DOWNLOAD お問い合わせ