ブログが遅い・重い原因は?表示速度チェックツール2選

by Tomoe Onishi
Webサイト・ブログを運営していると記事やコンテンツの増加など様々な原因により表示速度が遅くなることがあります。

トップページの表示が遅い場合、ファーストビューで離脱されてしまい肝要の中身まで見てもらえない…という事態が起きかねません。

閲覧者側の問題(回線速度が遅い、PCが低スペックなど)は制作者の立場から解決することはできませんが、制作者側の問題であれば対策を講じる事が出来ます。

表示速度の改善はSEO、UX(ユーザーエクスペリエンス)の面やサーバーの負担を減らす事など多くのメリットがあります。

表示速度が遅いページは離脱されてしまう

Googleの調査で表示に3秒以上かかると40%(モバイルでは53%)のユーザーがページから離脱するという報告があります。

モバイルユーザーは離脱率が高いため、速度が遅い原因を探る場合はPCだけでなくモバイルも合わせて調べる事が必須です。

表示か遅いと感じた場合は手軽に原因がわかるチェックツールを利用してみましょう。

いずれもインストールせずブラウザでURLを入力するだけで使用可能。

PC、モバイルそれぞれチェックできます。

Page Speed Insights

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/



Googleが開発したWEBサイトのパフォーマンスを無料でチェック出来るツール。

Chromeの拡張機能もあるため、ブラウザでchromeを使用している場合は導入しておくと便利です。

また、モバイルフレンドリー化(スマートフォン機能に最適化されているか)されているかも同時に確認できます。

GTmetrix

https://gtmetrix.com/



Googleの提供するPageSpeed InsightsとYahoo!の提供するyslowを使い同時にスコアを計測することが出来ます。

速度が遅くなっている具体的な原因が分かるため、Wordpressの場合は負担になっているプラグインの判別が可能。

結果をPDFで保存がする事も出来ます。

表示速度・パフォーマンスチェックはこれらのツールを使い簡単にできるので、定期的に行いユーザーの視点に立ったサイト作りに役立てましょう。

EC構築から広告運用までワンストップで提供。

WHITEPAPER DOWNLOAD お問い合わせ