ノースフェース創業者のダグ・トプキンス死が死去パタゴニアでカヤック中の事故 彼のドキュメンタリー映画も

by GO RIDE
日本でも一般的に人気のあるアウトドアブランドとして知られるノースフェース、その創業者のダグ・トプキンス氏が死去しました。
享年72歳 パタゴニアでカヤック中に転覆しそのまま帰らぬ人となりました。
ダグトピキンス氏は大の冒険好きで環境保護活動にも熱心でした。
40年ほど前にカリフォルニアからバンで南米のチリまでサーフィンやクライミングをしながらくだった事は伝説になっており下記の映画にも反映されています。
これから長期のサーフトリップに出る人はマストウォッチな映画です。
こちらもそのドキュメンタリー映画Mountain of Storms
ノースフェースは1969年にサンフランシスコのビーチエリアで創業され、小さなスキーショップとして始まりました。
またダグ・トピキンス氏はアパレルブランドのESPRITを当時の妻と創業しました。
その後ダグ氏は所謂スーツを着た人達の価値観(ビジネス業界)をものすごく毛嫌いしたこともあり、ESPRITの彼の持ち株をUS$150万ドル(約180億円)で売却してしまいました。
そしてそのお金をチリやアルゼンチンの環境保護に積極的に投資するようになったのです。
R.I.P Doug Topkins

EC構築から広告運用までワンストップで提供。

資料請求 お問い合わせ